ジャンプ系の漫画大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS NARUTO 忍戦ツアー 暁篇 in J-WORLD レポート

<<   作成日時 : 2017/07/10 23:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

6/3(土)〜7/9(日)

“暁”がJ-WORLDに登場!

忍戦ツアーの周期早いなぁ
今回はグッズはないのね
まあ、早く行けなくても売り切れを気にしなくていいけど
フレームが2人の時は2種類、単体の時はそれぞれ2種類ってことでとりあえず制覇を目指して8回!
またポーズを選ぶようになったんですね


○デイダラ ツアー
平日なのに5人埋まりました。
今回は相手が外に迎えに来るのか〜
潜入だからかばれないように笠を顔に当てて登場〜
「お前たちが今回潜入するやつらか、よし、ついて来い!」
無線チェックのところで、「今回の目的は覚えているか?サソリの旦那のことは知っているか?」
返事がいまいちだと、「まだ記憶が戻っていないようだな、徐々に取り戻している感じか?」
掛け声はデイダラが決めて「芸術は爆発だ」みんなで「喝っ!!!」
火影室では、綱手様の声を気にしつつも、「木ノ葉への潜入だからな、静かにな」
って言いつつ「かつ、派手にだ!」って^^;
「何かあったら知らせてくれ、美しいものを発見したら教えてくれ」
ここで、「集合!」って言われて反応が遅れると「遅いっ」って怒られる
もう一度やり直しと思いきや「二度はしないからな」って先へ進む
ルートは多数決でBへ
大蛇丸のところで得意忍術をぶつけるが、「お前ら足が伸びきっているな、もっと腰を落とせ」って注意されたり-_-;
イタチ兄さんのところでは、「幻術対策はしていないのか?」
ってデイダラは自分はバッチリ感をアピール
白ゼツのところでは、「合作アートだ」ってことで、「喝!」って言いながら全員いっせいに突っ込むという初パターンだったよ^0^
ナルトの仙人化のところでは、「潜入だからな、音を立てずに」ってことで静かに連打〜
「かつ派手にだ」って言われたので頑張ったら「うるさい」って言われたよ^^;
ボール詰めの所に向かう途中で、「ここに糸がある」ってデイダラがトラップを発見したようでみんなまたぐ
ボール詰めでは、「これには触れるな、危ないからな」って1個ずつ慎重に確かめて渡していくというパターン
途中で奥からボールが追加で流れてきたので、「やっぱり危ない」って警戒するデイダラ
そんなこんなでチャクラ袋には1人ボールが4個ぐらいという。。。
それで最終決戦を迎える
「みんなで合作アートを作ろう!」ってことでデイダラの合図で投げる
もちろんボールがなさ過ぎてゲージはたまらず
最後に「集合!」って言われ反応が遅れるとやり直しをさせられた
結果発表の場では初めて30%以下というのを見たよ
「アートは良かったよな」って満足そうなデイダラ
サソリがドアから出てきて、「何か情報はつかんだんだろうな、リーダーに報告する情報は?」って
微妙な空気でいると、「バン、バンって2回芸術をしたぜ」ってデイダラ
「それは隠密とは言わない」なサソリ
忍具返却後に外へ
隠密なため小さく固まって集合し、忍者走りで写真撮影場所へ〜
待機する場所も作られてて、場所もいつものところに戻ったのね
その後「木ノ葉の潜入で何か情報は得たのか?」って1人ずつ聞かれる
「お前らが分かる程度のトラップがあったことは分かった。トラップとは本来分からないようにするものだ」って^^;
「リーダーへの報告はデイダラお前がやっておけ」って
「アートのことではないからな」って
「あまり喋っていると木ノ葉に見つかるからな」
「おれが締めるのか?」なサソリでした〜
「散!」


○サソリツアー
3人1組でした〜
外で待機をしていると、笠で顔を隠しながら「お前たちがそうか?静かにな」って一緒に中へ〜
「今回の任務は分かっているよな、目的も分かっているよな」
うまく答えられないでいると、「だいぶチャクラが乱れているようだな」って
掛け声はこっちで決めてってことで「芸術は爆発だ」になりました^^;
不本意ながらも一緒にやってくれたサソリ
「おれは共感できん」って言いながら火影室へ
さっきの質問の回答を求められ「木ノ葉への潜入です」って言ったら「広いな、木ノ葉の修練場だ」って
移動で、忍者走りでなく普通に歩いていた人に「余裕だな、今度からこいつを頼れ」ってサソリ
ルートはこっちで決めてAへ
デイダラのところでは、「息を止めろ、しゃがめ、ジャンプしろ」って低い体勢のまま抜ける〜
起爆札で岩を壊すところでは、「なぜ永久の美を求めるおれのところで起爆札なんだ?」って^^;
白ゼツのところでは、「こいつは何もしてこなさそうだな、触れずに抜けるんだ」ってまた新しいパターンが来たよ〜
ナルトの仙人化のところでは、「こんなところで基礎中の基礎のチャクラコントロールをやっているのか」ってつっこむサソリ
ボール詰めのところでは、ボールが転がっている中に入るサソリ
みんなに心配されるが「あんなところで基礎中の基礎をやっているようなところだから大丈夫だ」って
最終決戦では「永久の美」って言いながら投げる〜
結果は80%でした。
「何か情報は掴めたか?」ってなところに出口のところにしゃがんだデイダラが。。。
「お前がいるってことは調査は済んだのか?」ってなサソリに、「バッチリだ」なデイダラ
忍具返却後外へ
「潜入なんだからもっと近くに」って小さく集合して忍者走りで写真撮影場所へ〜
その後1人ずつどんな情報を得たかを聞かれる
サソリは「暗くて何も見えなかった」
外の捜索を行っていたらしいデイダラは、「おいらと旦那の甘い物があった。暁(4人いる)なのに(甘いものになっているのは)2人だけだぜ」
「ただ、入手するには代価がいるらしいけど、おいらは持っていなかったから眺めているだけだった」って〜
「お前その格好で行ったのか?ばれなかったのか?」
「笠で顔を隠していたから。。。」
ってなデイダラに対し「コートはどうした。それで分かるだろ」なサソリ
「大丈夫だった」って言い張るデイダラに、「そこにある(ツアーの)掲示板におれ達の写真が貼られているのが気になる」ってサソリ
「よくそれでばれなかったな」って不思議がる旦那でした^^;
「あまりいると木ノ葉の連中に見つかるのでな」って
「散!」


○イタチ&飛段 ツアー
この日は全ツアー即完売の5人1組でした。
笠を被って2人登場!
「お前たちか、任務の説明をする。ついてこい」ってイタチ
「とろとろするな、贄にするぞ」な飛段
無線チェックのところで、「お前たちがサソリの部下かと聞いたがそうか?」って問うイタチに反応が薄いと
「まだ記憶が戻っていないようだな、チャクラが乱れてるようだ」って(^^;
イタチより「暁のスパイとして潜入する。」ってしっかり説明してくれた
飛段は「ちゃんとしないと贄にするからな」って(^^;
掛け声は、イタチが決めて「火遁・豪火球」
飛段が「おれには関係ないけど付き合ってやる」って
火影室にて、映像の前に座込みむ飛段
画面をつついて「これは本物ではないな、影分身か?」
イタチは「まだ記憶があやふやな奴もいるようだが、得意忍術ぐらいは覚えてるよな」
1人ずつ聞かれ、火遁が多いことが判明
移動は忍者走りで、とろとろすると飛段に生け贄にされる
ルートはイタチが決めてBへ
「こっちが安全そうだ」って〜
それを聞いた飛段は、「安全な方を選ぶなんてさすがあんただな」って
香燐のところで、「生け贄にするぞ」ってやたら突っかかる飛段
蛇にも突っかかってた
大蛇丸には、「火遁・豪火球」なイタチ
イタチの幻術の所では、「やはりそうきたか」って
飛段は「さすがあんただぜ」
「解!」っていいタイミングで言うイタチ
「おいしいところは持っていくんだ」って飛段
「お前は何もしてなかったな」って言われ
「こいつらに指示を出していただろ」って
白ゼツの所では、「火遁・鳳仙花爪紅」なイタチ
「ジャシン様ぁー」な飛段でした。
ナルトの仙人化の所では、「静かだな、もっとこうだ」って叩きまくる飛段
それじゃ隠密にならない。。。
「隠密なんて性に合わないんだよ、バレたら殺せばいいじゃないか」
「ジャシン教は汝隣人を殺すべし」
とか言いながらボール詰めへ〜
最終決戦、飛段は「ジャシン様ぁ〜」
最後出てきたサスケに「お前も殺ってやろうか」ってな飛段に、「お前には無理だ」ってイタチ
「じゃあお前か、お前か」ってあちこち指差す飛段
結果の間では、「忍としてはなかなかのものだった。だが隠密としては足りない」ってイタチ
サソリとデイダラも登場
「お前たちも来たってことは偵察は終わったのか?」
バッチリ感な2人
ずっと笑顔な私達に対し
「こいつらずっとこうだ、忠誠心薄いんじゃ」
「普通、はっサソリ様ってなるだろ」
「でもこいつらお前が現れても何もないぜ」
「術が解けてないんじゃ…」
「解けてるからこうなんだろ」
言われまくりのサソリは
「おれのせいじゃない、どんなやつらかなんてそこまで分からない」
忍具返却後に写真撮影場所へ忍者走りで移動〜
撮影後、「サソリ、お前はどんな躾をしているんだ」
「どういう人材を選んでるんだ?」って
私達が隠密に向いてないのはサソリのせいってことになり、見本を見せてくれその場を空ける3人
サソリを前に「はっ、サソリ様」な姿勢を取るが
今さら感な感じ…
飛段が、「おれたちには忠誠心ができたか?」って聞かれ同じ姿勢をすると、「誰でもいいのか?」って(^^;
まだまだなってないってことで
「暁としてやっていくにはもっと自主性を磨いて己を高めろ」
「おれたちと対等になれるようにな」
1人ずつ握手と会話をしっかりしてくれました。
イタチより「あまりいると見つかるからな」
「散!」


○イタチ ツアー
平日だけど5人埋まったよ
やっぱり暁は人気だなぁ
「お前たちか、ついて来い」ってイタチが迎えに来る
無線チェックのところで、「記憶は戻ったか?サソリの部下だったってことの」
微妙な空気でいるとしっかり説明してくれたよ
「お前たちは木ノ葉にスパイとして潜入していた。今からは暁として動いてもらう」
既に無線を外していたら「もうわかったいる見たいだな」って^^;
チャクラガ安定していないやつもいるようだってことで手を合わせて掛け声「キャベツ」
イタチが今思いついたって〜
火影室では「どうやらこれは実体ではないらしい。影分身か?」
「お前たちはおれの指示に従ってもらう」
「情報を掴んでリーダーに報告する。お前たちのこともリーダーに報告させてもらう」
「木ノ葉のやつらに見つかったら戦闘になることもあるだろう。それぞれの得意忍術は何だ?」
ほぼ体術だった私達
「忍術担当はおれか?」ってツッこんできたよ
移動は忍者走り、「とろとろしてたら幻術にかけるぞ」なイタチ
ルートはイタチが決めてBへ
大蛇丸のところで、「囲まれたな」ってみんなで技をぶつける
「大蛇丸に体術なんてナンセンスだな」って^^;
イタチのところでは、「おれのこともしっかり調べあげているようだ」って
ボタンを押して術が解けるころには「解!」ってしてたよ兄さん
白ゼツのところでは、「どうやらこれは実体のようだ」って叩いて確かめる
「火遁・鳳仙花」なイタチでした
ナルトの仙人化のところでは、始めるのが遅かったからか中途半端な光り方に…
「おれが遅かったからか、指示ミスだ」って
ボール詰めのところでは、「これが無限増殖螺旋丸か、よく出来てるな。いっぱい詰めるんだ」
「ただ黙々と詰めてるのも…お前たち質問してもらう」
こっち側が色々質問(主にサスケについて)していると、「おれからって言ったのにずいぶん質問してくるが…暁で一番尊敬するのは誰だ?」
みんなイタチですって言ってる中、兄さんって言ってみたら
「お前の兄さんは暁にいるのか?」って^;
あふれんばかりに詰めて最終決戦へ
「前に投げているだけだな、ちゃんと狙って投げろ」
「笑ってるやつは戦いが楽しいのか?飛段と一緒だな」
そして、終わって余ったボールを返していると「螺旋丸を残しすぎだ、螺旋丸の川が出来ているではないか」って(- -;)
結果発表の場では「こんなもの(結果の数字)は関係ない。生きるか死ぬかの戦いだからな」
ドアの上から鎌が見えててそれに気づいたイタチは「飛段、出て来い」
よく分かったな〜な飛段
「お前は潜入には向いていない、なぜこの人選になったんだ?」ってイタチ
「分かってねぇなぁ、隠密とは何だ?」って1人ずつ聞かれ、静かにとか色々回答が出て
「生きて帰って来ることだ!情報を持って帰らなきゃだからな」って飛段
「たまには良いことを言うな」って感心したイタチ
忍具返却後、「たいした任務ではなかったな」ってな感想を述べたイタチ
飛段は、先に木ノ葉のやつがいないかを確認して「ついて来い」って〜
写真撮影後、「お前たちを立てて今回はおかげでスムーズにこなせた」
「だがそれはチームだったからだ。1人1人の力量はまだまだだ」
「印も結べないようなやつらも多かったからな、ここで少々テストをする」
「これは何だ」ってまずは初級の分身の術
次に口寄せの術
「これからは暁として行動するんだから、各々腕を磨いておけ」
飛段からは「すぐおっちんじまうからな」って
「散!」


○飛段 ツアー
5人1組でした。
「お前たちがそうだな、ついて来い」って
無線チェックのところで改めて話そうとするが笠が邪魔そうで「もういいか」な笠はもうやめた飛段
「思えているか?サソリの部下だと聞いたが…」
はいって言いながら笑っていると
「それは違うな(覚えてない)」って
「お前ら本当にサソリの部下か?それとも違うやつの部下か?」
って過半数違う部下だった^^;
「チャクラが乱れているやつもいるようだからな」って掛け声は「裁きを下してやる」
火影室では「これは実体ではないようだな」
「何人かはサソリの部下じゃないやつもいるようだが、得意忍は持っているよな」
って1人ずつ聞かれる
移動は忍者走りで、ルートは飛段が決めてBへ
「隠密だから静かにな」って、でも飛段の声が大きすぎるよ^^;
水月を見て「変態、裸じゃん」ってツッこむ
大蛇丸のところでは、「お前たち1歩前に出ろ」って攻撃をくらう
「痛い。。。気持ちよかったよな」って
イタチのところでは、参加者の中に幻術が得意って言ってた人がいたので、「お前、説明しろ」って
白ゼツのところでは「気持ちいぃ〜」な飛段
ナルトの仙人化のところでは、「静かに叩くんだ」ってでも声が大きいよ飛段
ボール詰めのところでは、「ジャシン様に祈りをこめながら詰めるんだ」
「ジャシン様ぁ、12個詰めましたよ、ジャシン様ぁ、17個詰めましたよ」
ってずっと言い続ける飛段
静かな私達に「お前らちゃんと祈りをこめてたか?」って^^;
心の中で祈ってましたな我ら
最終決戦では「ジャシン様ぁ〜」で投げてたよ飛段
結果発表の場では、ドアの前から1列に並ばせる飛段
イタチが出て来れないようにってことだったが、後ろから来たよ^^;
背中にクナイを向けるイタチだが気づかない飛段
私達が言うが信じようとせず、やっと振り向いてびっくりする飛段
「どうやら任務はスムーズにいったようだな」ってイタチ
「何でそっちから?」っててっきりドアから出て来ると思い込んでた飛段
「こいつら2人はサソリの部下だが、あとは違うんだぜ」って
「その話はまたじっくり聞かせてもらう」ってイタチ
忍具返却後外へ
平日だからか人もいなく
「木ノ葉も人が少なくなったな、寂しいな」なイタチ
「殺しすぎたか?」な飛段
写真撮影後、誰の部下だったか発表され
「まともなやつはいないな」
「暁でやっていくにはそうじゃないとやっていけない」
「お前たちはまだだいぶまともそうに見える」
「お前たちよくやった。暁として行動できるように日々鍛錬を怠るな」
「ジャシン教を広めてくれ」
1人ずつ握手と会話をしっかりしてくれて、解散までの会話の時間も多くなった?
「散!」


○イタチ&サソリ ツアー
前売りで完売でしたね
5人1組でした。
「お前たちで全員か、中で任務の説明をする、ついて来い」ってイタチ
「イタチについて行け、とろとろするな」なサソリ
無線チェックのところで、「いつからおれに妹ができたんだ」って兄さん
「おれの部下にお前の親族はいない」ってサソリ
「サソリの部下と聞いたが思い出したか?」ってイタチが言うと
「はっ、サソリ様」ってやったのが1人だけで、「おいおいおい」なサソリ
もう1度問われて、全員で「はっ、サソリ様」
タイミングが端から順番だったみたいで
「これは順番に頭を下げるものなのか?」なイタチ
「さっきのを見ていただろ、もっと迅速にだ」なサソリ
まだ術が解けていないんじゃ…
「仕方ないだろ、自分でコントロールできないんだから」って〜
対暁の訓練場に潜入するってきちんと説明してくれる優しい兄さん^0^
「どうやらチャクラが安定していないようだな、チャクラを送る、手をかざせ」ってイタチ
「おれもやるのか?」ってサソリ
「もちろんだ、お前にもチャクラを送る」
しっかり手を乗せていないと、「遠慮するな」ってサソリに手をしっかり乗せ直された
掛け声は「昆布のおにぎり」でした!
火影室で適当にいると、「どういう並び方になっているんだ?一列に並べ」って^^;
「躾がなってない、どうやってこの5人を選んだんだ?」なイタチに
「たまたまだ」なサソリ
得意忍術を1人ずつ聞かれ、移動は忍者走りでルートはイタチの指示によりBへ
大蛇丸のところで得意忍術をぶつけるが、ちゃんとやらないとサソリに怒られます^^;
イタチのところでは、「おれを模したものもやはりあったか」
「どうだ?自分が模されたのを見て」ってサソリに聞かれると
「しょせんまがいものだ」って
いいタイミングで「解!」なイタチ
「良かったな、本物のイタチならこんなものじゃない」ってサソリ
白ゼツのところでは、「お前たちを見ていたらおれも体を動かしたくなってきた。久方ぶりだな、自分を使うのは」
砂鉄時雨!
イタチは「火遁・鳳仙花爪紅」
ナルトの仙人化のところでは、「隠密だからな、静かにな」って言われたが
「なぜだんだん叩く音が大きくなるんだ?」って^;
ボール詰めのところでは、「無限増殖螺旋丸って言い続けながら詰めるんだ」
ってすごい速さで言いながら詰めるイタチ〜
サソリに「お前も5回言ってみろ」ってちゃんと噛まずにこなしたサソリ様、さすが〜
最終決戦では「得意忍術で投げろ」
最後に出てきたサスケに投げると、「サスケに手を出すんじゃない」ってクナイで刺されそうに^^;
結果発表の場で、デイダラ&飛段が登場
「静かだな」って言われ「隠密だからな」ってイタチ&サソリがはもって答える
「どうだった?」って聞かれ「見ろ!この迅速な動き」なサソリに「はっ、サソリ様」な私達
「茶番はもういい」って言われいじられまくるサソリ〜
「1人ずつがどうだったかって聞いてんだ。暁として動けないようなら今のうちに殺しておこうと思っててな」って飛段に言われ、1人ずつに対しコメントを投げつけるサソリ
1人1人ちゃんと見ててすごいね
4人が個性派過ぎてわちゃわちゃな空間でした(^^)/
忍具返却後に外へ
「迅速な動きを見せてくれ、イタチについていけ」って素早く移動〜
写真撮影後、「手を叩いたらきれいな円になるんだ」なサソリにすっと動く我ら
「意外と出来ているじゃないか」って
まあおれの部下だからなってご満悦なサソリ様〜
デイダラ&サソリがわちゃわちゃしているのを無視して話をまとめようとするイタチ
「今回は良かった。暁として動いていけるようにこれからも訓練を怠るな」
1人ずつの握手とコメントの時間も面白すぎでした
デイダラと飛段にはさまれ「お前らでかすぎなんだよ、おれが入れないじゃないか」ってサソリ
小さいサソリ様だったからね
握手と会話をしていると、横から急に入ってくる飛段
自由だな〜
しっかり目を合わせて話してくれるんだけど、目があわせられないよー
すみません。。。


○飛段&デイダラ ツアー
前売りで終わってたけど、4人1組でした。
笠で顔を隠してたけど、すでにわちゃわちゃ喋りながら来てて全然隠密性がない(-_-;)
無線チェックの所で、デイダラが笠を気にする
髪型があれだから、被りづらい
飛段が、「穴を空けたらいいんじゃないか」って
それじゃ意味ないだろ
飛段より、「サソリの部下だったって記憶は戻ったか?」
はいって言いながらも笑っていると、
「どうやらまだみたいだな」って
「対暁用の訓練施設に潜入する、これは隠密だ」
掛け声は飛段の好物「スペアリブ」
火影室で、小さく輪になって「静かにな」
ここでデイダラが気づく
「おいら爆発できない」
飛段も「儀式が出来ないってことか?何も出来ない」ってうろたえる
「リーダーはなんでこの2人を組ませたんだ?」
「ってことで、お前たちにかかってる」
わーって拍手しまくり既に隠密性ゼロ
移動は忍者走り
ルートの分かれ道でどっちだってデイダラ
待ての文字に「見ると進みたくなるよな」な飛段
ルートはAへ
「不細工なおいらがいる」って
絵のデイダラと同じポーズをとる
「こっちだ」ってみんなで走って切り抜ける
1人遅れる飛段
「あいつはほっとけ」ってデイダラ
渇って爆発にわざと巻き込まれて「気持ちいぃ〜」って飛段
次に、「おいらの大好きな起爆札だ、いい音を聞かせてくれ」ってテンションアゲアゲなデイダラ
爆発のど真ん中に立ち「もっと気持ち良くさせてくれぇ」な飛段
まともじゃないやつらが組むとこうなのか
白ゼツのところでは、「気持ちいぃー」な飛段
「渇っ」なデイダラ
ナルトの仙人化のところでは、「ジャシン様への信仰を込めて押すんだ」って音出しまくりで全然隠密になってない(^^;
ボールを持ってて「そこに落ちていた。これが無限増殖螺旋丸か」
移動の時に普通に歩いてると、「お前ら忍者走りはどうした」って(^^;
ボール詰めのところでは、「ジャシン様〜」って必死で詰めまくる飛段
デイダラはボールを渡してくれた優しい(^^)
最終決戦では、「ジャシン様ぁ〜」と「渇!」
結果発表のところでは、わ〜楽しかった〜な雰囲気
イタチとサソリがドアから出てきて
「ジャシン様〜とか聞こえてきたけどこれは何だ?今回の任務を何だと思ってる」
デイダラはいいアートができた
飛段はジャシン様に祈れた
ってご満悦な2人
「リーダーへの報告は…なぜこの2人を組ませたんだ?」
って困り気味なイタチ
忍具返却後に外へ
鎌で前を遮り、「よし」ってスタートダッシュ
鎌の使い方ってそうだったの(笑)?
写真撮影後に「情報収集は出来たのか?」って1人ずつ聞かれる
だんだんハードル上がるようで、前の人より良い情報を言わなければだそうで…
あまりよく言えずにいると
飛段たちが「お前たちは何してたんだ」ってイタチとサソリに聞く
「おれたちは別のところを捜索してたが、いい情報はなかった。やはりこの修練場が一番情報を掴めると踏んでる」ってイタチ
「人のこと言えないじゃないか」ってツッコまれ
「お前たち2人は何か掴めたのか?」ってイタチ
「不細工なおいらがいたり、おいらと旦那についてはだいぶ調べられてた」ってデイダラ
「おれの好きなものもバレてる(暁弁当)みたいだし、作ってるやつはこっちのスパイかもな」な飛段
「なんかおいらと旦那の甘い物もあるしな、それもこっちのスパイが作ってるのかもな」
「今はまだほっといても脅威にはならないみたいだな。だが警戒しておくことに越したことはない」
って冷静にまとめるイタチ
あとはみんなまともじゃないもんなぁ
1人ずつとの握手&会話の時間
イタチ兄さんには、「よく見かけるな」って覚えられた
あと忍具多いなって(^^;
飛段は凄くまっすぐ目を見てくるから直視できない(-_-;)
参加者けっこうジャシン教徒いてビックリ
サソリはデイダラ&飛段の声がうるさいって
カラクリにも鼓膜はあるのか?って聞かれてた(^^;
「そろそろ木ノ葉に気付かれる」
「散!」


○デイダラ&サソリ ツアー
女子4人+男子1人の5人でした。
笠を被ったデイダラとサソリが来て、
「お前たちか」「ついてこい」
中に入ると、「思い出したか?」
はっ、サソリ様って態勢をしたのは一部〜
他は違う部下みたい
「おいらはどっちでもいい」って自分の部下じゃないし関係ないってなデイダラ
かけ声は「芸術は…」
サソリは「永久の美」、デイダラは「爆発だ」って言いたい
お互い合わないのは分かってるから、合作することに
「永久の爆発だぁ」になりました。
火影室で1列に並び、「得意忍術はあるな?忍者走りはできるな?今回は情報を集めるんだ」
ってデイダラ先頭にぐるぐる回ってから出た
「お前ら走らなさそーだな」って(^^;
ルートは多数決でAへ
デイダラの絵に、バンバン叩くデイダラ
「走れ、息を止めろ」って
走るのが遅いと「もうちょっと頑張れ」ってサソリ
起爆札のところでは、「時計回りに押すんだ」って
デイダラが「おいらから?それとも旦那から見て?」って聞くがどっちでも一緒なんじゃ…
白ゼツのところでは、「渇っ」て先にデイダラが行き、1人ずつ来たところで、「しゃがめ、旦那が来たらみんなで(サソリ様を)やるんだ」って(^^;
ナルトの仙人化のところでは、派手にバンバン叩くデイダラ
「壊して痕跡が残ったらどうするんだ?」ってサソリに注意される
ボール詰めのところでは、「隣のやつに入れて行くんだ。まずは右から」ってデイダラ
途中で左回りに〜
因みにサソリはボールの中に入ってるからきれいに円になってうまい具合にやれた
最終決戦では、
デイダラは「芸術は爆発だ」
サソリは「永久の美」と叫びまくる
ご苦労だったってことで結果100%
デイダラとグータッチ
そこへ飛段がバンって出てくる
イタチは遅れて出てくるが場の雰囲気を察して去ろうとする
忍具返却後に外へ
イタチが先に撮影場所まで行くがまだ揃ってなかった(-_-;)
サソリが様子を見て揃ったところで移動〜
写真撮影後、挨拶と握手
デイダラが喋ってるところに横から飛段が来たり、4人なので1人余る時あるから、同じように行き場所なかったからなのか?2回喋ってくれた
他の人と喋ってる時に握手だけしに来たり
みんな個性ありまくりだから自由だなぁ
そこがいいんだけどね
飛段は目を凄く見て喋ってくれる(こっちは合わせられねぇ)
信仰について語ってくれるところが良かった
心の拠りどころとして、信仰大事だって最近感じるようになった
イタチは落ち着いていて、指導者的な感じでアドバイスをくれるのがいいね
よく見てくれてる
サソリは傀儡だから無だね
最後は「散!」


○フード&デザート
“暁”特製弁当 1000円
デイダラの「オイラの芸術は…爆発だ!…喝!」ケーキ(パイン&マンゴーケーキ) 720円
サソリの「お前もオレのコレクションになるか?」ケーキ(サワーチェリーケーキ) 720円


次回は、七代目とサスケとツアー
BORUTO以来だな〜
ホラーミッション?内容も変わるので楽しみです!
画像



〜追記〜
9日はガマヒロの誕生日
10日はうずまきクシナの誕生日
11日は京楽春水の誕生日でした。
おめでとう(^0^)/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ホームページ紹介!!

アニメコレクション部屋

アニメコレクション部屋 画像をクリック

毎週ジャンプを読み、コミックやDVD、グッズなどを集めている管理人によるコレクション紹介です。 アンケート投票もやっています。よかったらぜひ!!

NARUTO 忍戦ツアー 暁篇 in J-WORLD レポート ジャンプ系の漫画大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる